FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペニスの構造と勃起のメカニズム

 ペニスの、一般的に「サオ」と呼ばれているものは、2本の陰茎海綿体・尿道海面体が構成しています。
 尿道海綿体の内側に尿道があります。

そしてこれらの海綿体を包むように、筋膜・皮下組織、があり、さらにその上から皮膚が覆っています。

 亀頭部は尿道海綿体の延長で、うすい皮膜で覆われています。

ペニスの形状や大きさを表しているのは、すなわち陰茎海綿体と尿道海綿体(亀頭部含む)の大きさということになります。

これらの海綿体はスポンジのような構造になっていて、、その約半分が下腹部から、肛門周辺まで埋もれています。(手で触りながら辿ってみると、ペニスの根元は肛門近くにあることがわかります。

いわゆる勃起、という生理現象は、これらの海綿体へ血液が流入し、あたかもスポンジが水を吸うごとく膨張し、一定期間、留まることにより維持される、というメカニズムです。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

Secret

PR
アマゾンへのリンク
リピーターの多い商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。