FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包茎を擁護する本

割礼というのは19世紀から行われているそうで、

その根拠はマスターベーションの防止だった、と言われています。


ほかに、包皮が余っていると陰茎ガンのリスクが高まるとか性病になりやすいだとかいわれていますが、本当のところはどうなのか。


医学的な見地から、書かれている書籍があります。

まちがいだらけの包茎知識 (寺子屋ブックス)


世間に流布している「皮かむりは一人前の男ではない」という強迫観念。
「包茎は癌になる、女性にもてない、早漏になる…」といった包茎にまつわる俗説。
そんなまちがいだらけの包茎知識にまどわされるな!
実際に包茎手術を受けたことでアイデンティティ・クライシスに陥った青年が包茎手術にともなう後遺症の危険性を訴える。
また、医療現場からは泌尿器科の専門医が包茎の基礎知識から実際の手術方法までを説明しながら包茎=無害であることを証明し、性教育のベテランが日本では避けられてきた肉体と性器の肯定学習の必要性を説く。
いままで語られてこなかった包茎の正しい知識をガイドする。




個人的にも私は以前から
常に先端がむき出しになっている状態って
「普段からずっとパンツの中でひりひりしているわけでしょう?それは考えただけでもぞっとする。」と思ってまして
ズル剥け状態には全然憧れないんです。

神経過敏であるからこそ膣内での感触が快感なわけで、
「ズル剥けは、神経が表面から後退しているんじゃないのか?そうでないと、普段からひりひりしてまともに生活できるわけがない。」とすら思っています。

まあですから
ズル剥けのメリットは“対女性”だけだと個人的には思います。
前回紹介した菜摘さんのように「やっぱズル剥けでしょう、ズル剥け!」とまではっきり言われてしまうと、サービス精神旺盛な私としては、考えざるを得なくなってしまう。
さて皆さんはいかがでしょう?

この本は一般の書店で置いてある所が少ないようですのでネットで皆さん買われているようです。
興味がありましたら是非。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
PR
アマゾンへのリンク
リピーターの多い商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。